夏目坂メディカルクリニック,腰痛外来,東京,新宿区,早稲田駅前,生活習慣病,呼吸器内科,心療内科,スポーツ内科,筋骨格調整治療

8月9日(日)から夏季休診になります

一般内科、腰痛専門外来、生活習慣病、呼吸器内科
心療内科、スポーツ内科、筋骨格調整治療
ご予約・お問合せ:03-6457-6572

新型コロナウィルス感染症抗体検査について

新型コロナウィルス感染症の感染拡大を受けて、15分で結果がわかる新型コロナウィルス(SARS-CoV-2)抗体迅速検出キット(IgM+IgG)を導入しました(採血検査)。


★過去に新型コロナウィルスに感染していたかどうかを調べる検査です

◆現在、元気な方が、過去に感染していたかどうかを血液検査のみで調べることができます。
◆抗体検査は、現在感染しているかどうかを検査する、PCR検査、抗原検査ではありませんので、現在感染しているかどうかの診断にはなりません。
◆感染症症状のある方に関しては、従来どおり、保険診療で臨床診断を行った上で、新宿区PCRスポットで、PCR検査をお受け頂きます。

「検査適応例」

◆少し前(約1ヵ月前)に風邪症状があり、現在は健康状態に戻ったものの、それが新型コロナウィルス感染症だったかどうか調べたい方。
◆風邪をひいて治ったものの、仕事などに復職したい方で、新型コロナウィルス感染症に対する抗体を獲得しているかどうか確認したい方。
◆これまで自覚症状もなく、元気に過ごしてきたが、新型コロナウィルス感染症にかかったかどうか心配な方。

「受付時間」

新型コロナウィルス抗体検査は、クリニックの診療時間内に行っています。
なお、検査に時間がかかりますので、午前・午後とも、診療終了時間の30分前までにはお越しください。

「費用」

新型コロナに対する抗体検査については、初診の方は初診料¥1,650+検査料¥6,600(税込)再診の方は、検査料のみとなります。
抗体検査は、現在新型コロナウィルス感染症に、かかっていないことの証明にはならないため、診断書の発行はできません。ただし、検査を受けたこと、陰性であった場合の証明書は発行することは可能です。
検査証明書料:¥3,300(通常は必要ありません)
当クリニックで行っている抗体検査は、約15分で結果が出ます。
ご受診頂いてから、結果をお渡しするまでには、30分~45分程度で終了します。

「抗体検査の結果について」

●新型コロナウィルスに感染したことがあるにもかかわらず、抗体検査では陰性、マイナス(-)と判定されることがあります。
●類似した他のウィルス対する抗体を誤って検出してしまう可能性もあります。
●一般的に、ウィルスや細菌などの病原体のIgG抗体が陽性である場合は、過去にその病原体に感染したことがあり、その病原体が体に侵入しても、抗体が排除してくれるため、免疫があるということになります。
●新型コロナウィルスにおけるIgG抗体が陽性であった場合、新型コロナウィルスに対して免疫があり、今後感染することはないかまではわかっていません。また、抗体の持続期間も不明です。

「抗体検査とPCR検査の違いについて」
PCR検査は、体内にウィルスが存在しているかどうかを直接調べる検査で、現状では診断のゴールドスタンダードです。ただし、手間がかかるという問題点があります。
その一方、抗体検査は侵入したウィルスに対して、体内の免疫システムが産生する物質(抗体)の存在を検知する検査です。簡易キットで迅速(15分程度)に施行できるというメリットがあります。
抗体検査は、他のウィルス感染症では診断法として確立されているものもありますが、新型コロナウィルスに対してはデータの蓄積が不十分であり、その有用性は確立されていません。しかし、海外(米国や中国)では、一般的な集団において、どの程度抗体が保有されているのかの調査などを目的として、既に使用例があります。
よって、抗体検査の現状の精度や限界についてよく理解した上で、結果をみること自体には一定の意義があります。
現時点では、日本国内では、抗体検査を新型コロナウィルスの診断に用いることはできません。また、保険適応もありませんのでご注意下さい。

夏目坂メディカルクリニック

メディア出演・講演・記事の執筆などのご依頼は
下記までお問い合わせ下さい。
TEL:03-6320-1046
メール:info@drtaka.jp

住所:〒162-0044

東京都新宿区喜久井町4-1
新宿印刷会館4階

8月のカレンダー

26

27

28
29
3031

1

2

3

4

5
678
9
10

11

12

13
14

15

16
17

18

19
20

21

22

232425

26

272829

30311

2

345

院長の著書
「体のゆがみを知り尽くした医師が教える

ゆがんだ「背骨」の整え方」日本文芸社刊
絶賛発売中!